医療レーザー脱毛を選択するメリットは、まず何と言っても将来的にずっとむだけの処理が必要なくなる、文字通り永久脱毛ができることです。

脱毛自体はサロンでも行ってもらうことが可能ですが、一般の脱毛サロンでは永久脱毛をすることができません。

安全性の観点からサロンでは出力の高い脱毛マシンを使うことは法律で禁じられており、それゆえに永久脱毛の代表的な施術方法である医療レーザー脱毛が出来ないのです。

その点、医療施設のみに許可されている医療レーザー脱毛は毛根を破壊するほどの効果があり、永久的に脱毛効果を持続させることができます。

医療レーザー脱毛は施術完了までに必要な期間が短い

短期間で施術が終わるのも医療レーザー脱毛の魅力の一つ

時短での脱毛が可能なのも、医療レーザー脱毛ならではの良さです。

脱毛が完了するまでの期間を比較してみた場合、医療施設とサロンとでは倍程度も違ってきてしまいます。

医療施設ですと1年程度で終えられるところ、脱毛サロンの場合は2年も要してしまうことがあるのです。

しかも、永久脱毛のできないサロンの場合は将来的に再度の施術が必要になってしまうこともあります。

後々にまた脱毛の手間が掛かってしまうこともありますので、確実に脱毛を終えたいという時には医療レーザー脱毛を選択した方が良いと言えるでしょう。

高出力のレーザーを照射するので痛みが伴う

医療レーザー脱毛は良いところばかりでなくデメリットもあるのですが、それは威力が強い施術の為に刺激にもなってしまい、痛みを感じてしまう場合があることです。

医療施設での施術ですから麻酔クリームを使用して脱毛をすることもできるものの、それでも痛みを感じることもあります。

脱毛サロンの場合ですと、反対に低刺激での施術となっていますので痛みは殆ど感じません。

ですので、痛みに弱い方の場合は脱毛サロンを選んだ方が無難です。

施術料金は脱毛サロンと比べると倍近くになることも...

平均的な施術料金の料金が高いことも、医療レーザー脱毛のデメリットの一つです。

近頃では医療レーザー脱毛でもリーズナブルにできるところも登場していますので、以前と比べると随分安くなっていますが、しかしまだまだ脱毛サロンと比較すると高いのが現状なのです。

金額としては倍くらいも違ってくることもありますから、金銭的な負担の小ささとしては脱毛サロンに軍配が上がります。